Close


現在(リアルタイム)

  • 取引値
  • 前日比
  • 出来高(20分遅れ)

ESGに関する方針

  1. ホーム
  2. ESGへの取組み
  3. ESGに関する方針

本投資法人及び資産運用会社は、スポンサーである積水ハウスが掲げる「サステナブル·ビジョン」に基づいた“サステナブル(持続可能な)社会の実現”の一端を担うべく、「環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)」(併せてESGといいます。)へ配慮した不動産投資運用を行い、居住用不動産及び商業用不動産等において、入居者の「持続可能な生活拠点」及びテナント企業の「持続可能な事業活動拠点」を提供することを目指します。

資産運用会社は以下のとおりサステナビリティ・ポリシ一を制定し、事業活動全般を通じてこれらを遵守・実行します。
また、サステナビリティ委員会にて、目標の設定、遵守状況及び実施した施策の効果測定、改善策の検討を定期的に行います。

サステナビリティ・ポリシー

1. ESG関連の法令・諸規則の遵守

ESG関連の法令及び諸規則に関する知識向上を目的とした社内研修を行うとともに、法令及び諸規則を遵守し、ESGに配慮した不動産投資運用を行います。

2. 低炭素社会への取組み・エネルギーの効率的利用

低炭素社会の実現を企図し、エネルギーの効率的利用を積極的に推進するため、本投資法人が保有する物件のエネルギー使用量につき、法令等に準じた削減目標を設定し、目標実現に向けてPDCAを実行します。

3. 節水・省資源対策

節水や資源のリデュース・リユース・リサイクル (3R) の推進及び啓発を行うことで、循環型社会の実現に向けて積極的に取組みます。

4. 生物多様性

積水ハウス株式会社が掲げる「5本の樹」計画に基づき、在来種等生態系に配慮した樹種を基本とした植栽等の維持・管理を行うことで、自然・周辺環境との調和を目指します。

5. 快適性・安全性

居住用不動産においては入居者が快適に暮らすことができる高品質な住まいを、商業用不動産等においてはテナント企業の生産性の向上に資する利便で安全かつ快適な空間を提供します。
また、災害発生時においても、入居者が安全・安心に暮らすことができる設備の設置を推進するとともに、テナント企業のBCP (事業継続計画) に配慮した「持続可能な活動拠点」となる施設の提供を推進します。

6. 地域・コミュニティへの貢献

地域のイベントへの協力などを通じて賑わいを創出し、地域・コミュニティとの共存やその活性化を図っていきます。

7. ステークホルダーとの協働

本ポリシーに基づく取組みを実践するために、プロパティ・マネジメント会社等の取引先、居住用不動産の入居者、商業用不動産等のテナント企業や施設利用者等のステークホルダーとの協働に努めます。

8. サプライチェーン・マネジメント

サプライチェーンを通じたESG配慮を推進するため、投資運用業務において、グリーン調達や社会的責任の視点を取り入れていきます。

9. 情報公開

ESGに関する取組施策等を定期的にモニタリングするとともに、サステナビリティに関する実績を、ホームページ等を通じて公開します。また、外部評価機関による環境認証・評価を継続して取得します。

GRESBメンバーシップへの加入

資産運用会社は、2018年6月に、「グローバル不動産サステナビリテ
ィ・ベンチマーク(GRESB)」のメンバーに加盟しました。メンバー
加盟によって投資家とのリレーションを深めるとともに、他のグロー
バルのESG先進企業の取組みに接するなどして、本投資法人及び資産
運用会社のESGに関する取組み向上につなげていく方針です。

このページの先頭へ