Close


現在(リアルタイム)

  • 取引値
  • 前日比
  • 出来高(20分遅れ)

成長戦略

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 成長戦略

積水ハウス及び積和不動産グループによる多様なサポートを
最大限に活用した成長戦略

成長戦略

外部成長戦略

積水ハウスの
スポンサーサポートを活用

積水ハウスの物件供給力を
活用した資産規模の拡大

主なパイプライン・サポート

  • 積水ハウスが保有する国内不動産等に関する優先交渉権
  • 第三者保有物件等に関する情報提供
  • ウェアハウジング機能の提供
  • 保有資産の再開発サポート

積和不動産各社(7社)との
優先交渉権を活用

居住用不動産に係る
物件取得ルートの更なる強化

主なパイプライン・サポート

  • 積和不動産各社(7社)が保有する国内不動産等に関する優先交渉権
  • 積和不動産及び積和不動産関東による第三者保有物件等に関する情報提供

資産運用会社の独自の
ノウハウ等を活用

独自のルートによる
第三者からのソーシング
  • 積水ハウスグループでの開発・運営又はJリートの資産運用会社での資産運用等で培った独自のノウハウと情報収集ネットワークを活用

内部成長戦略

運用資産の特性に応じ、積水ハウス及び積和不動産グループが有する
スキル・ノウハウ・豊富なネットワークを活用

テナントリレーションに基づくプロパティ・マネジメント

テナントリレーション、新規テナントリーシングに関する情報網、営業力、及び管理能力等の観点から、原則として、積水ハウス又は積和不動産グループに、プロパティ・マネジメント業務を委託し、そのプロパティ・マネジメント力を活用

テナント満足度の向上、賃料及び稼働率の維持向上を目指す

積水ハウス及び積和不動産グループの有するノウハウを活用した運営管理

運用資産の特性に応じて、積水ハウス又は積和不動産グループの持つコストマネジメントに関するノウハウを活用し、運営管理の効率化及び管理費用の適正化に努める

運用資産のプレゼンスを高め、内部成長をより効果的に達成することを目指す

リニューアル・バリューアップ等を通じた不動産価値の維持向上

積水ハウスが有する技術及びノウハウを活用し、テナント満足度の向上、省エネルギー・環境配慮等をはじめとするリニューアル・バリューアップ、適切なメンテナンスの実施

運用資産の価値と競争力の維持向上を目指す

マスターリース契約の導入による円滑な資産運用

運用資産の特性に応じた形態での賃貸借スキームの採用。 スポンサー・サポート契約に基づき、商業用不動産等の特性に応じて積水ハウスをマスターレッシーに採用するなど、高い信用力を有するテナントを確保

円滑な資産運用を図る

このページの先頭へ